伝説のキャバクラスカウトマン、奥野高徳氏の伝授する、人材スカウト術とは?

奥野高徳流スカウト術のノウハウ

スタンダートなスカウト術

スカウトに対する法的な規制が、法令によって整備された現代における合法的なスカウトのスタイルは、名刺あるいはパンフレットの配布という形を取った、ティッシュやチラシの配布に準ずる形での路上におけるスカウトとインターネット上のSNSやブログ、サイトなどを介したネットスカウトの二通りが主流となっています。

よって、スカウトを行う際には、路上でのスカウトの場合、極短時間で要点をまとめる話術やスカウトの対象に不信感を持たれないことが必要とされ、ネット上でスカウトを行う場合にも、長文でのメールではなくコンパクトに要点をまとめたメールづくり、身元をはっきりとさせることによる不信感の軽減などが基本的には求められることになりますが、話術や文章の作成術のような基本的な技術に加えて、コミュニケーション能力を高めておくこともスカウトにおいては欠かせない技術です。

奥野高徳流のスカウト術

スカウトマンとして実績を持つ奥野高徳には、合法的なスカウトにおける基本技術ともいえる、話術や文章作成術、コミュニケーション能力などのスカウト術以外にも、独自のスカウト術がありますので、その一部に触れていきましょう。

そもそも、知らない人に声をかけられて警戒心を持たない人は男女を問わず、ほとんどいませんし、歩行者は目的地を目指しての移動の最中であることから、仮に短時間であっても、話を聞いてもらえる可能性はあまり高いとは言えません。

そのため、奥野高徳流スカウトにおいては、正面から丁寧な言葉遣いでのスカウトを試みることで、警戒心を高めない工夫をすると共に、あらかじめ歩行者をスカウト対象から除外しておくことで、スカウトの効率化を図っています。

奥野高徳流のスカウト術の要は、スカウト対象の選定とスカウト方法に集約されているのです。



ページ
先頭へ