伝説のキャバクラスカウトマン、奥野高徳氏の伝授する、人材スカウト術とは?

スカウトに対するイメージと奥野高徳流スカウトの相違

一般的なスカウトに対するイメージ

残念ながらスカウトに対する一般的なイメージは決して良いとは言えません。

これは、路上・ネットを含めて芸能系スカウト・風俗系スカウトを問わずに不正なスカウトを行う悪質なスカウトマンが、警察の取り締まりが気休めにしかならないほど圧倒的に多いからに他ならず、このような悪徳スカウトによる被害が後を絶たないがために、基本的にスカウトは疑いの目で見られてしまうものなのです。

条例の尊守を含めてルールに則り、スカウトに取り組む善良なスカウトマンにとっては、迷惑極まりない話ではありますが、不正なスカウトを繰り返す悪徳スカウトマンや悪徳スカウト会社が多数存在する現状において、一般の人々がスカウトやスカウトマンに対して不信感や警戒感を抱くことは、自然な反応であると言えるでしょう。

奥野高徳流スカウトでは粘らない

悪徳スカウトマンによるスカウトの横行によって、スカウトに対するイメージが悪いことは、ある程度経験を積んだスカウトマンであれば誰しも理解するところでしょうが、奥野高徳はいくつかのファクターをスカウト術の一環として組み込むことによって、スカウトの成功率を高めることに成功しました。

奥野高徳流スカウトの基本は、正面から丁寧な言葉遣いで歩行者以外をスカウト対象に絞ることにありますが、スカウトの違法性排除と効率性アップの観点から、基本事項に加えて、スカウトをしつこく行わないこともスカウト術に組み込んでおり、一度の勧誘に留め、その勧誘もスカウト対象に拒まれれば粘ることなく終わらせてしまうことで、周囲に不信感が伝播するのを防ぎ、スカウト活動の継続性向上によるスカウト効率の向上につなげています。



ページ
先頭へ