伝説のキャバクラスカウトマン、奥野高徳氏の伝授する、人材スカウト術とは?

奥野氏の、驚く程シンプルかつ奥深いそのスカウトの方法は?

相手に真剣に向き合うこと

奥野氏にスカウトされた女性たちが口をそろえて言う言葉があります。
それは「スカウトマンというより、家族、お兄ちゃんみたいな人」だという奥野氏の印象です。
それは単にとっつきやすいということではなく、それだけ相手が心を開いてくれているということであり、それができるのは、奥野氏がそれだけ「相手に真剣に向き合っている」という点です。
彼は「スカウトするということは、特にこの業界においては、女性の人生を預かっているという位の意識で向き合わなければならない」と、真剣そのものです。
とは言っても堅苦しく重い雰囲気は出さず、スマートに女性に接します。
この、相手を本当に思いやる気持ちこそが、スカウト成功の最大の秘訣であり、言葉は自然についてくるというのが、奥野氏のスタイルです。

スカウトして終わりじゃない、それが極意

更に、奥野氏が他のスカウトマンと違う所は、スカウトした後も、しっかりとキャバクラ嬢たちのフォローをしているという点です。
スカウトするといっても、その女性に合わないお店に無理やり押し込んだりするようなことはせず、その女性の性格や特性をしっかりと見極め、キャバクラ嬢に合ったお店を紹介する、ということの繰り返しで、女性たちからの信頼を積み上げていき、スカウトとしての仕事が終わっても、その精神的フォローの手厚さを覚えており、様々な悩みを率直に相談してきてくれるような関係を築いている、その関係性はまるで家族のようであり、それが、奥野氏が夜の世界のスカウトマンという雰囲気では無いという良い意味での印象の良さにも繋がっているのだと考えられます。



ページ
先頭へ