伝説のキャバクラスカウトマン、奥野高徳氏の伝授する、人材スカウト術とは?

キャバクラ嬢を多数スカウトした、奥野氏の人材発見の極意とは?

キャバクラの歴史と各種規制

まず、「キャバクラ」という言葉ですが、これは「キャバレー(お酒を飲みながら音楽や歌謡ショーなどを観る場所)」と「クラブ(ホステスがお客さんを接待しながらお酒を飲む場所)」を組み合わせた造語であり、1980年代、新宿歌舞伎町に誕生した店舗形態です。
基本的にはキャバレーの時間制料金を採用しており、店舗には高級感が、キャバクラ嬢とも呼ばれる接待の店員には、高度な接客技術が求められます。
ブランデーやウイスキーは飲み放題の場合が多く、それを片手に、キャバクラ嬢が隣に座って接待するのが基本的なスタイルです。
指名料や各種サービス料で時間制料金に2、3割上乗せされる場合もあります。
法律的には「風俗営業法」の「接待飲食等営業」に分類され、地域の公安委員会の許可が無ければ営業できません。
また、風営法によって規制される店舗の為、18歳未満の入店は禁止されています。

キャバクラの各種用語集

「裏引き」はお客様をお店に呼ばずプライベートで金品を貰うことですが、店舗によってはトラブル回避の為に禁止されています。
「枝」とは、2回以上来店しているお客様のお連れ様のことで、重要な新規顧客となります。
「オープンラスト」は「開店から閉店まで」という意味で、つまり営業時間のことです。
キャバクラ嬢は「キャスト」とも言い、キャストはほとんどの場合本名ではなく「源氏名」をお店で使用します。
また、お会計も「チェック」という言い方をしたります。
また、「ヘルプ」という言葉があり、これは指名席を複数持つキャバクラ嬢(つまり人気のあるキャスト)の代わりに接客をおこなうことを示します。
そして男性店員は「ボーイ」、または「黒服」と呼びます。



ページ
先頭へ