伝説のキャバクラスカウトマン、奥野高徳氏の伝授する、人材スカウト術とは?

カリスマスカウトマンが実践してる秘訣

迷わず潔く声をかけること

奥野高徳を成功へと導いたスカウト術とは迷わないことです。

女性に声をかけようかと迷っていると女性はどこかへ行ってしまいます。
また、迷っている仕草はとても挙動不審に見えて女性からは不審者と思われてしまうこともあります。
へたしたら警察に通報されてしまうかも。
ですから、迷わずに潔く声をかけることです。

声をかけた後はその人と楽しく会話することが重要です。
楽しい会話をすることにより相手の警戒心を解いていきます。
距離が縮まり、親しくなったところで本題に切り込みます。
そうすれば、スカウトの成功度がぐんと上がります。
スカウトで重要なのは相手に心を開かせること。
どれくらい相手に心を開かせられるかにより自分の意見への理解度も変わってきます。

人を見抜いて声をかけよう

奥野高徳が進めるスカウト術は職人に見たところもあります。

それは声をかける人の人柄やタイプを瞬時に判断するということ。
それは、お店のイメージを考えて一瞬で判断します。
この人はあのお店にあうという判断をすることにより声をかけた人が働きやすい職場を提供できるかになってきます。
声をかける人のタイプを瞬時に判断しなくてはならないというのはそこです。
せっかく声をかけても環境が合わないとやめられたらスカウトした手間が水の泡です。

人を見抜く力も必要になってきます。
ですが、この人を見抜く力というのは個人差があります。
奥野高徳が言うにはけいけんをつめばわかるとか。
ですから、怖がらずにどんどん声をかけることが重要です。



ページ
先頭へ